ごあいさつ

株式会社 興洋電子は復帰前の昭和45年12月22日、当時、民間や公共機関でも導入が少ない無線通信機器の拡販を事業主体に那覇市に設立されました。その後、祖国復帰を経て、時代の発展と共に無線通信機器の普及が急速に拡大し、業務用無線、消防用無線、市町村防災行政無線と無線通信事業を基盤に経営拡大が図られました。

弊社は、更にファクシミリや電話交換機等の電送・有線機器へも事業拡大し、無線・有線・電送機器等の通信機器全般の設計・販売・保守まで、一貫して提供する体制が確立されました。

昭和56年には情報化社会に向け、パソコンやワープロ等の普及促進に向け “システムイン沖縄”を那覇市久茂地に設立し、自治体や学校関係の情報システム及び、電力・ガス事業関連の通信器機や気象観測装置等の販売から設計・施行・保守体制を整備して参りました。

現在、お客様の更なる顧客満足度の向上を目指し、平成16年度にISO9000を認証取得しお客様へのサービス強化を図るとともに、環境対策としてISO14000を認証取得、平成21年度には那覇市主催のECOチャレンジコンテストで優秀賞を受賞し、企業としての社会責任を果たすべく、環境対策へも役職員全員で取り組み継続して努力している途中であります。

私たち興洋電子は、情報と通信機器を主体にデジタル通信器機、通信指令システム、学校教育システムや庁舎内ネットワークシステム、無線LAN、地域イントラネット構築等で、沖縄県内の多くのお客様に支えられ深く感謝申し上げます。

今後、急速に進展する情報通信技術とデジタル化の技術により、従来考えられなかったシステムも実用可能となりつつあります。興洋電子は今後とも、情報通信技術の発展と共に常にお客様のご要求に応じ、メーカーの最先端技術の商品及びシステムに対応できる技術者の養成に努め、沖縄の地域社会に貢献できる企業を目指して参ります。

株式会社興洋電子

代表取締役社長  多良間 洋二